リーベンチャマのストーリー

リーベンチャマストーリー

“思いやり”のブランド"は"のみの市が始まりでした。

 

1967年(昭和42年)7月15日 タニカツ は、父により、兵庫県豊岡で産声をあげました。ビジネスバッグ,、特にダレスバッグといえば、タニカツと言われるように非常に隆盛を誇っていました。しかし時代はインターネットの登場により大きく変わり始めました。現社長岩本は、19965月入社後、先代とは違うアプローチでビジネスを行い始めたのでした。まずは 個人で“のみの市”から商売を開始。お客様の声をダイレクトに聞き、お客様のニーズを常に求め、どうやったら歓んでもらえるのか、“思いやり”を大切にする仕入れを実施することで実績を上げ始めました。次にヤフーオークションへ進出、オークションサイトを運営、消費者のニーズに合致した商品仕入れを行い、高い満足感と利益をあげるまでになったのです。その後、消費者へダイレクトに商売をするネットでカバンも売り始めました。ここでも鍵は、“思いやり”の精神、モノ主義ではなく、ソフトなアプローチで右肩に伸張、2006年初旬楽天からお誘いがあり、楽天モールでショップを運営開始、同年9月にはヤフーにも開店、3040歳女性をメインターゲットに、彼女たちのニーズにあったママやママ&キッズ目線の“思いやり”の精神に溢れる商品開発を強化することで、その後さらに成長し、アマゾンでもショップを運営開始しました。その後自社でのショップも立ち上げて運営し“思いやりを”コアにしながら現在へと至っています。 この思いやりのストーリーはこれからも未来へと続いていくのです。